VPNと固定ipガイド

vpnルーター

VPNについて

VPN(Virtual Private Network)とは、文字通り仮想のプライベートネットワークで、主に企業で利用されることが多いネットワークです。

企業内でのネットワーク(例えば本社と支店間など)を構築するには、専用線を用いて構築する場合と、VPNで構築する場合とがあります。

セキュリティや回線速度の帯域保証などの面では専用線が有利なのですが、なんといっても莫大なコストがかかってしまします。

それに対してVPNでは、共用の通信網を利用するので、通信コストが安く済む利点がありますが、セキュリティ面では専用線よりも不利とされています。しかし、VPNのセキュリティ技術はVPN機器の発展とともに向上しており、現在では安心してネットワークを構築することができます。

VPNとは仮想のネットワークなので、その実現にはいくつかの方法がありますが、代表的なものは「IP-VPN」と「インターネットVPN」があります。以前は「IP-VPN」が主流でしたが、最近では「インターネットVPN」がシェアを伸ばしています。「インターネットVPN」の技術自体は以前からあったものですが、ネットの速度不足や通信品質の不安定さにより、あまり利用されてきませんでした。

しかし、近年インターネットの回線速度は飛躍的に向上し、通信品質も安定してきており、ハード面でもVPN機器が充実して安心してネットワークの構築ができるようになったため、コスト面で有利な「インターネットVPN」への乗換えが増えています。通信コストで言えば、「インターネットVPN」は「IP-VPN」より、最大で1/10程度に抑えることができます。